2005年の設立以来、数多くの企業の様々な階層を対象に研修を実施してきた結果、管理職の采配次第で組織の業績が大きく変わることを確認しました。現在、シャイニングでは管理職を組織の核として捉えた各階層への研修を実施し、階層間の連携を強化することで組織全体の成長と生産性の向上を促進しています。

 

研修の特徴

学習効果を最大限に高め、成果に繋がる行動を喚起するために様々な手法を組み合わせて実施しています。また、時代の変化に柔軟に対応し、自ら解決策を見出して成果を出せる人財の育成に注力しています。

 1.シミュレーションゲームやロールプレイを活用することによる体感的な理解

 2.実践から学ぶアクションラーニング形式

 3.対象者の個別特性に合わせた思考・行動の探求

 4.経営コンサルティング・心理学・脳科学を踏まえた思考フレームの活用

 5.豊富な実践経験のある認定プロフェッショナルによる提供

 6.組織開発の観点を含めた階層間の連携促進

 7.これからの働き方の新しい形を見据えたプログラムの更新

   ※参加者それぞれが変革の主人公として仕事の現場における成長と成果にコミットします。

 

階層別研修(ビジネススキル全般)/テーマ別研修

内定者・新人・若手・中堅・熟練者など、年次に合わせた実施や主任・新任管理職・中堅管理職・上級管理職、幹部候補、経営層等、職位に合わせた研修を組織のニーズに合わせて実施しています。各階層の研修を手掛けているため、”近年の新人の傾向を踏まえた管理職研修”や”新人や若手社員が上司に対して効果的なフォロアーシップを発揮するには?”など、階層間の連携を強化し、組織開発に繋がる研修を実施しています。

階級別研修モデル